So-net無料ブログ作成
KNIGHT OF GOLD LACHESIS ブログトップ

ナイト・オブ・ゴールド ラキシス 其の5 腕部編 問題点 [KNIGHT OF GOLD LACHESIS]

こんにちは!! 中々、手強いナイトくんですが、最近は、コレはもう、こういう物だと思って、制作しています。
今までに、経験した事のないキットなので、不安とワクワクが入り混じってます♪

さて、今回は、腕部の制作に移るのですが、まず、問題点をピックアップしておきます。
全体図を見て頂くと、それほど問題が無さそうですが、個別に見ると、幾つかあるんです!

P1000841.JPG


まず、1つ目。ココの部分。

P1000842.JPG


パーツをバラして見ますと、このようになります。

P1000844.JPG


画像ですと、分り辛いかもしれませんが、内側から見ると、隙間丸見え!(画像1枚目の方が分ります)こんなのは、パテで埋めてしまえば良いですが、組立て順序ですと、掌のパーツを先に差込み、次に掌パーツ左横のパーツをつけます。そうしないと・・・トム大佐が仰ってましたが、「手首つかねぇ!」状態になります。クリアランスがないのです。

P1000845.JPG


掌パーツを差し込むポリパーツが実はユルユルなんです。普通に付けただけですと、すぐに取れてしまいます。だから、わざとクリアランスを取っていないのでしょうね。掌パーツは、別の色ですので、後から付けたいのは当然です。ココで、チョット加工したいと思います。

続きまして、コチラ。

P1000846.JPG


コレは肘部の横を見てください。三角形した物体が付いていますが、明らかに手を伸ばした状態ですと、可笑しな角度っていうか、ぶつかってしまいます。作例でも、腕を曲げているのはコノせいです!!って私は思っているのですが・・・多分。コレもチョット、加工します。

肩部は、問題無さそうです!

P1000847.JPG


そのまま、パーツをバラして、塗装後、組み立てられそうです。一部、合わせ目が出来てしまいますが、本体側になるので、目立たない?気になるようでしたら、合わせ目消しします。加工に関しては、既に、プランを練ってあります。次回は、腕部の加工編を記事にしたいと思います。

では、今日はこの辺で。
nice!(2)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイト・オブ・ゴールド ラキシス 其の4 脚部編の続き [KNIGHT OF GOLD LACHESIS]

こんにちは!!月初恒例?、一日更新です♪  さあ、今日から6月ですね!6月と言えば衣替えですよね! でも、6月って感じ、しませんよね。暑かったり、寒かったり、ハッキリしなさい!って感じですが、もうすぐ、梅雨の時期ですね。塗装するのには、嫌な季節になりますよね。ケンプくんも、早く塗装してあげたいし・・・。あっ、ケンプくんは日曜日にサフだけ吹いてあります。後日、記事にしたいと思います。

本題のKOG脚部の続きです。前回は、膝関節のヤスリがけで終ったので、その続きです。ヤスリがけについて、色々とアドバイスいただきました皆様、本当にありがとうございました!!とても参考になりました!
皆さんのご意見を頂ける機会ってあまり無いので、こういった趣向も、私のブログでは取り入れてやって行きたいと思いますので、また、ご協力頂けましたら、幸いです♪

今回、膝パーツは、前記事で言っていましたが、挟み込みです。しかも、塗装してからの挟み込みです。カラーレシピですと、ネービーブルー70%+ミッドナイトブルー30%なのですが、コミックを見ますと、もっと、暗いグレーなんですよね。ですので、今回は、この色は、ザクVer2.0のマシンガンで使いました、ブラックグレーで塗装したいと思います。サフレス、筆塗りで行きます。

P1000835.JPG


塗装してみました!

P1000837.JPG


それと、今回、マスキングは、金ちゃんでやりました、マスキングゾル改を全体に筆塗りしようと思います。マスキングゾル改は、水溶性の性質ですので、塗装後、水道水で水洗い+ハブラシゴシゴシで、綺麗に落ちます。塗った後に本当に落ちるの?と初めは、半信半疑でしたけど、ハブラシで擦りながら水洗いすると、アラ不思議、綺麗に落ちます。

P1000836.JPG


で、ゾルを筆塗りすると、こうなります!

P1000838.JPG


マスキングゾルは、クレオス製品に関しては、2種類(改とNEO)発売していますが、それぞれ、使い勝手が違います。改は、先程お話いたしましたが、水溶性。水に溶ける性質があります。こちらは売りは、乾燥後、ゾル自体をカッターなどで切って剥がせるので、キャノピーなどのマスキングに使いやすいそうですが、私切って使った事はありません。皮膜が薄いんですよね。怖くて切れないですよ。NEOの方は、素材がゴム系の材質で、乾燥後、剥がしやすいのが売りですね(改は剥がし辛いです)。大きな面積のマスキングに便利ですと、うたっていますが、剥がしやすいと言う事は、剥げやすいって事でもありますので、改との併用をお進めます。どちらが良いかと言われると、こまったチャンですが、用途によって、使い分けするに越したことはありませんね!

先程、お見せした膝パーツを挟み込みしまして、接着しました。

P1000839.JPG


が・・・明らかにパーツが合いません。隙間が開いている・・・一様、ムニュ着しているのですが、乾燥後、パテで修正ですね。更に、コチラのパーツ達も、修正後に取り付けするのですが・・・

P1000840.JPG


画面、左右にあるパーツ。取り付け箇所に収まりません。どうしても、段差が出来てしまいます。もう、コレはコレで、そういう物と思ってやるしかなさそうです。他の方の制作記事を拝見させて頂いて見ると、やっぱり、愚痴の制作記事や、あまり、良いことは書いてありません。でも、コレを完成させたら、報われるんでしょうね!ソレを夢見て頑張りますよ♪ とりあえず、脚部は乾燥後に修正、表面処理を行なうだけですので、次回は、更に・・・な碗部の記事を書いて見たいと思います。

では、今日はこの辺で。



nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイト・オブ・ゴールド ラキシス 其の3 脚部編 [KNIGHT OF GOLD LACHESIS]

こんにちは!! 今は、暦では春ですよね? 春は何処に行ってしまったのでしょう?一日おきに、暑かったり、寒かったりと、温暖化が影響しているのでしょうかね! 最近、前フリが、天候の事ばかりですね・・・すいません。後、お初でコチラに来てくださった方、宜しければ、コメント残して下さると、凄く嬉しいです♪感想とかお聞きできると、とても励みになります♪無理でなかったら、宜しくお願いします!!

さて、本題のKOGですが、ちょこっと進みましたので、記事にします♪ 
前記事の足首編で、画像を見たら、結構ヒケが目立つところが在りましたので、修正しておきました。足裏部分も、超目立つ箇所があるのですが、普段見えないので、手抜きしました!抜ける所は手を抜きますよ♪

今回は、作業を分けて、記事を書きます。まず、膝部分なのですが、このパーツも挟み込みパーツです。せっせとヤスリ掛けしました。ヤスリ掛けで、ふと思ったのですが、皆さんは、ヤスリ掛けって、どの位時間をかけますか?以前、兄貴に、ちょっとお聞きした事があったのですけど、私は、このくらいのパーツでも、1時間くらいかかってしまいます。作業が遅いので、完成するまで時間がかかります・・・。

P1000831.JPG


このパーツは、先に塗装します。コレ、後ハメが、全く思いつきません。ポリパーツがあるので、この手の後ハメ加工は、ジョイントとか仕込むしかないのでしょうが、そんな、手の混んだ事はしません。私が作るのですから!!・・・簡単に制作できることを、目指します♪後、ちょこっと、試してみたいことがありますが、ソレは後ほど記事にします。

前記事でも、書きました関節ユルユルの件なのですが、原因が分りました!!って書くと大袈裟なんですけど、稼働してみると、遊びが多いのですよね。うん?と思いポリキャップ(以下PC)を見たら、グラグラでした!様な、中で固定されていないのです!遊びが多かったのはこのせいでした。ですので、隙間から、瞬着を流し込んで、PCを固定しました。コレをやっておくと、遊びが無くなるので、安定します。

P1000829.JPG


更に、膝パーツを挟み込む脛パーツに、瞬着を塗って太らせてあげました。ソレと、脛パーツ、画像だと分り辛いかもしれませんが、マジックで黒く塗った所。この部分を少し削ってあげると、稼働する範囲が、全然違います!

P1000830.JPG


違いをご覧下さい♪

P1000832.JPG


P1000833.JPG


P1000834.JPG


左側が、加工前。右側が加工後になります♪ 大袈裟じゃないですよ!何もしないと、本当に左側くらいしか曲がりません。MHなので、アクション性は求めないという考えなのでしょうか?まぁ、曲がる事に越したことは無いですよね♪フトモモは、現在、ヤスリ掛けの最中です。しかも、右側の途中です・・・(画像を見て頂くと分りますが・・・) 早く、膝パーツを塗装してくっつけなければ!先に進みません・・・
進みましたら、また記事にしたいと思います。 

では、今日はこの辺で。








nice!(2)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイト・オブ・ゴールド ラキシス 其の2 足首編 [KNIGHT OF GOLD LACHESIS]

こんにちは!!1週間ぶりの更新です。通常のペースに戻ったと言うか、そもそも、先々週が異常だったような気がします・・・。ホントの所は、ネタ切れなんだろうと思った方・・・正解です!!

さて、何時も前フリが長くなってしまいますので、今日はさっさと本題に入ります。と、その前に・・・ケンプくんのショルダー部だけ、捨てサフを吹いて、チェックしてみました。案の定、あわせ目が消しきれていませんでした。修正後、もう一度、サフチェック。今度は上手い具合に、消えました!これで、サフ吹き出来ます。武器類は、兄貴の一発勝負を見習って、遣りたいと思います♪

P1000818.JPG


本題のKOGです!!昨日まで、とりあえず、先にモナカパーツを全て接着しました!!何故かといいますと、殆どモナカ構造ですので、仮組みする場合、マスキングテープなどで付けますよね!そんな事やるなら、付けられるパーツは付けてしまえ!と思った次第です。小物は除き、本体仮組みしてみました。

P1000819.JPG


まだ、後ろにバスターランチャーが付くのですが、バスターランチャーを取り付けすると、絶対に自立しないと思います。とりあえず、二つ折りの状態

P1000820.JPG


全長図(34cm) めっちゃ長いです!!

P1000821.JPG


今回は、あらかじめ、ポリキャップ部品に、メタルプライマーを塗ってありますが、関節類、弱小チームです。仮組みしてみて分ったのですが、問題点が多々あります。泣き言も言っていられません。キット愛で乗り切るしかないのですから!!コメント頂いた皆さんの言葉が頭を過ぎります。

ですので、今までは遣っていなかったのですが、今回このKOGは、レビュー風に記事を書いて行こうかなぁ~なんて思っています。大した事は遣りません!!えぇ、出来ません!!私が作るのですから!!でも、誰かのお役に少しでも立てば嬉しいので、そんな風に思いました。で、タイトルにも書きましたが、足首編。

ココ、早速挟み込みパーツがあります。踵部分に付くパーツ・・・なんて言うんだ?コレ、ヒケがかなり目立ちます。ですので、私愛用の溶きパテで修正しました。が・・・付けて見ると、あまり見えません・・・ノォ~~~

P1000823.JPG


足の下部に着くパーツ。合いません・・・。ある程度削って修正しました。

P1000824.JPG


それと、踵両サイドに付くパーツ、アイゼン?って名前だったかな?コレは稼働するのですが、向かって左側がユルユルです。なので、皆さんも、良く遣ると思いますが、瞬着を稼働部に塗り、太らせてあげました。何も、このパーツまで、モナカにすること無いと思うんですけど・・・

P1000825.JPG


P1000826.JPG


足首手直ししたのは、これだけです。誰でも出来そうな事しか遣っていませんが、足首はコレで終了です。

P1000827.JPG


P1000828.JPG


私の感覚なのですが、ガンプラに比べると、プラスティックの素材が柔らかい気がするんですよね。ヤスリ掛けすると、サクサク削れてしまう様な???今回も、合わせ目消し全般は、タミヤの流し込みタイプを使っています。
最近は、こちらの方が合わせ目が綺麗に消えるので、多様していますが・・・。

しかし、このキット、ホント手強いです。何故、中級者以上と書かれていたのか分りました。加工しながらやらないと、パーツが付かないのですよ!普通に組めるガンプラとは大違い。今回の足首編はまだ序の口です。
先が、楽しみになって来ました!!頑張りますよ♪進みましたら、また、記事にしたいと思います。

では、今日はこの辺で。








nice!(0)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイト・オブ・ゴールド ラキシス 其の1 [KNIGHT OF GOLD LACHESIS]

こんにちは!! 連日更新2回目。今週は、ホント、真面目にブログ更新している自分が怖いです!?今回、同時制作している、もう一つのキット。ファイブスターストーリーズの主役機、ナイト・オブ・ゴールド ラキシス。
ファイブスターストーリーズをご存知の方も、そうでない方も、永野 護氏は存じているかと思います。ゼータガンダムのMSを幾つもデザインされた方ですね。私と同年代の方は、重戦機エルガイムの原作者って言った方が、わかりますよね!!

私とファイブスターの出会いは、今から20年以上前の話なのですが、当時、学生(専門学校)だった私に、ある友人が、このファイブスターのコミックを貸してくれたのが始まりなんです♪
当時、まだ2巻しか出ていなかったのですが、1巻を始めて読んで見て???話が全く通じない!!このコミック、借りた友人曰く、コミックの最後に年表が載ってるから、ソレと照らし合わせて理解しながら読んでね!内容を理解するのが難しいよ!との事でした。言っている意味分かりました!私1巻だけでも、3回読んで、ようやく理解できました。それからは、ハマリましたよ。原作は月刊ニュータイプに連載されていたのですが、最近遣っていません。最新刊12巻が出て、もう何年経つでしょう。最新刊早く読みたいですが、連載してない事には、続きが読めませんよね!! 永野さん、続き書いて下さい!!お願いします。と愚痴はさておき・・・

本題の、ナイト・オブ・ゴールド ラキシス(以下、KOG)は、ウェーブ製1/144のキットでございます。ゴールドメッキ仕様もありますが、ノーマル(成型色がメタスに似てる)の方です。私、ガンプラ復帰して、バンダイ製品しか作っていなかったので、違うメーカーのキットを弄るのは、ちょ~久しぶりです。何時以来だろう?20年は由に超えていると思います・・・
KOGは、数機ありまして、KOGラキシス(正式名称KOG ディスティニーミラージュ)の他、カイエンのシェペルター、アトロポスのパトラクシェ、カレンのバイナスがあります。ファイブスターを知らない人は、なんのこっちゃ?って話ですが、今回は、そのメインのKOGを制作していきます。そもそも、私がブログを立ち上げた理由の本題ですので、張り切って参ります!!

さて、前フリがいつも長くてすみません。今回、先に完成図を載せておきます。出来上がると、このようになる予定なのですが・・・

P1000803.JPG


KOG_LA.jpg


今回、とても、気合を入れないと、完成しそうもありません・・・なぜかと言いますと、キット自体は1997製、しかし、金型があまい? ともかく、バリやヒケの嵐です!!ガンプラでは、バリなんて最近見ませんが、ヒケなんて、可愛いものですよ。

P1000783.JPG


P1000784.JPG


P1000785.JPG


あまりにも、ヒケが凄いので、パテで整形しながら組み立てしなくてはなりません。

P1000802.JPG


至る所に、肉抜き穴?がありまして、ソチラも埋めながらの作業です

P1000787.JPG


ココで、発見したのですが、このキット、各パーツ、ゲートが2箇所しか止まってません。1ヶ所だけ3つです。ゲート処理は楽チンですねぇ~なんて思っていましたが、とんでもない!!全て、モナカ構造です。最近巷で、流行しているモナカキット。私も流行りに乗っかってま~す!!設計図を見ると、簡単なそうな感じですが、実際、本当に気合を入れないと、完成図のような仕上がりにはなりそうもありません・・・参考に設計図を載せておきます

P1000805.JPG


P1000806.JPG


P1000807.JPG






P1000809.JPG


設計図はコレだけ。いかにも簡単そうですよね。でも、中級者以上って書いてあります。
このキット、塗装のカラー見本が載っていません。LEDミラージュにはちゃんとカラー写真が載ってますが・・・
資料としては、箱絵を参考にするしかないんです。コミックも参考にしますが・・・
先は長そうですが、大好きなファイブスター、頑張ってみます♪進みましたら、また、記事にしたいと思います。

では、今日はこの辺で。








nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
KNIGHT OF GOLD LACHESIS ブログトップ